top of page
  • 執筆者の写真Daisuke Wakui

経営企画のプロが直面する課題:多忙/人手不足/スキル不足…

更新日:1月9日

【導入】

経営企画担当者の日々の業務がいかに多岐にわたり、多忙であるかに共感を示しましょう。経営企画とは、企業の戦略的な方向性を設定し、実現するために不可欠な役割を果たす重要な部門です。しかし、その業務には多忙さ、人手不足、スキル不足などの様々な課題が潜んでいます。この記事では、経営企画担当者が直面するこれらの課題に焦点を当て、解決策を提供します。


【経営企画の日常と多忙さの原因】

経営企画の役割は、企業のビジョンを具体的な戦略に落とし込み、その実現に向けて行動計画を策定することです。このプロセスには市場分析、競合調査、予算立案、プロジェクト管理などが含まれ、その多岐にわたる業務内容ゆえに多忙さが生じます。経営企画プロフェッショナルは、日々の業務において戦略の詳細な検討から実行段階まで幅広い役割を果たす必要があります。


【人手不足が経営企画に与える影響】

経営企画の多忙さには、人手不足が大きく寄与しています。経営企画チームは優れたプランニングと洞察力を持つ人材が不可欠ですが、この分野の専門家は限られており、競争が激しいため、適切なスタッフを確保することが難しいことがあります。人手不足はプロジェクト遅延や品質の低下などの影響を及ぼします。


【スキル不足の現状とその解決策】

経営企画は急速に変化するビジネス環境に対応する必要があり、最新のスキルと知識が要求されます。しかし、多くの組織ではスキル不足が問題となっています。経営企画担当者は継続的な学習とトレーニングを通じて自身のスキルを向上させ、業務に求められる能力を維持する必要があります。有効なリソースやプログラムを活用し、スキルの向上を図りましょう


【時間管理と業務効率化のテクニック】

多忙を克服するためには、効果的な時間管理が不可欠です。時間管理術やタスクの優先順位付けのテクニックを活用し、業務の効率化を図りましょう。また、プロジェクト管理ツールやコラボレーションプラットフォームの活用も考慮に入れることで、業務の効率向上が可能です。


【人材育成とチームワークの強化】

人手不足に対処するためには、チームビルディングと人材育成の戦略を重要視しましょう。メンターシッププログラムを導入することで、経験豊富なメンバーが新人を指導し、スキルを共有できます。また、研修プログラムを提供し、組織内のスキル向上をサポートすることで、チームの能力を高めましょう。


【終わりに】

弊社は経営企画や事業開発担当者向けのプロジェクトマネジメントソリューション「ThinXpand」を開発提供しております。明確な答えの無いテーマを扱うことが多い経営企画や事業開発の担当者が効率的・効果的にプロジェクトを推進出来るソリューションの実現を目指しております。是非一度お問い合わせください。


閲覧数:6回0件のコメント

Comentarios


bottom of page