top of page
  • 執筆者の写真Daisuke Wakui

何故今さらプロジェクトマネジメントなのか?

更新日:1月14日

【背景】

プロジェクトマネジメントは、今やビジネスの不可欠な要素であるため、市場には様々な関連サービスやツールが溢れています。プロジェクトマネジメントは二つの主要な要素、すなわち「プロジェクトデザイン」と「タスクマネジメント」に分解できます。


プロジェクトデザインフェーズは特に重要で、プロジェクトのゴールをタスクレベルまで具現化して最適な担当者をアサインした時点でプロジェクトの成否がほぼ決まると言えます。

しかし、現在ある多くのサービスやツールはプロジェクトデザインよりもタスクマネジメントに重きが置かれております。また、生成AIの進化を鑑みると、タスクの実行は人間からAIへと移行していくと考えられます。


これらを踏まえると、これからのプロジェクトマネジメントは「プロジェクトデザイン」と「タスクの自動化」に重点を置くべきだと考えました。


【目指す姿:次世代のプロジェクトマネジメント】

弊社は「Issue Analysis」、「Decision Analysis」、「Process Automation」という技術を統合し、独自の「プロジェクトデザイン手法」と「タスク自動化ツール」を開発することを目指しています。この手法では、抽象的な要求やゴールを具体的なタスクや判断まで構造化し、それに応じて最適な担当者をアサインすることが可能となります。

独自のプロジェクトデザイン手法

さらに、弊社が開発したAIスタッフのアサインによって、従来人手で行われていたタスクの自動化が実現可能です。

生成AIツール

この「プロジェクトデザイン手法」と「AIスタッフ」の活用により、人的リソースに依存するプロジェクトマネジメントからAIと協働する新しい形へとシフトすることが出来ます。これにより、最小限のコストで最大限の成果を達成することが可能になります。

弊社のバリュー

【今後】

今後は、プロジェクトデザイン手法のさらなる洗練とAIスタッフの進化に注力し、このソリューションをより多くのお客様にご提供したいと考えています。プロジェクトマネジメントの新しい標準を作り出し業界に革新をもたらすことが私たちの目標です。


【最後に】

サービスにご興味を持たれた方はこちらをクリックして下さい。


閲覧数:15回0件のコメント
bottom of page