top of page
  • 執筆者の写真Daisuke Wakui

プロジェクト推進を効率的に進める生成AIの活用法

【はじめに】

プロジェクト推進に費やす時間の半分以上がリサーチ業務に費やされていると言われております。これは、多くのプロジェクトマネージャーやチームメンバーにとって共感を呼ぶものでしょう。実際、リサーチ業務はプロジェクトの成功に不可欠でありながら、膨大な時間とリソースを消費する作業です。


筆者の経験では、リサーチ業務を有効に省力化出来ている事例は殆どありませんでした。従って、多くの企業が人力に頼ったリサーチ業務を進めざるを得ない状況にあります。


当社は、この問題に対する解決策として生成AIを活用しております。生成AIを使ったリサーチ業務の自動化は、プロジェクト推進を大幅に効率化し、より高品質な結果を生み出す可能性を秘めています。このブログでは、「生成AIを活用したリサーチ業務の自動化」に焦点を当て、その実現可能性とメリットについて掘り下げていきます。


【生成AIを活用したリサーチ業務の省力化】

リサーチ業務は、大きく①調査目的の設定、②初期仮説の設定、③実調査、④仮説のブラッシュアップという4つのステップで構成されます。これまでの経験から、特に実調査の工程において、多くの時間が費やされております。当社は、生成AI技術を活用することにより、これらの工程を自動化し、リサーチ業務の省力化を図ることができると考えました。


リサーチ一覧
よく行われるリサーチ一覧


特に、GPTを筆頭とする生成AIの技術は、リサーチにおける情報の収集と解析に革命をもたらしました。この技術を利用することで、リサーチ業務の精度を高めながら、実施に必要な時間を大幅に削減することが可能になり、③実調査④仮説のブラッシュアップの一部を自動化することが出来ました。この生成AIを活用した自動化ツールを開発することで、従来半日から1日を要していたリサーチ作業を約半分の時間で完了させることができるようになっております。


生成AIによるリサーチ業務の自動化
生成AIによるリサーチ業務の自動化

リサーチ自動化ツール一覧
リサーチ自動化ツール一覧

【最後に】

生成AIを活用したリサーチ業務の自動化は、プロジェクト推進のあり方を根本から変える可能性を秘めています。この技術により、リサーチ業務の省力化や自動化が現実のものとなり、プロジェクトマネージャーやチームメンバーはより創造的な業務に注力できるようになります。自動化ツールの詳細なデモについては、当社のサービス紹介資料をご覧ください。生成AIの力を借りて、プロジェクト推進の新しい地平を切り開きましょう。


サービス紹介資料に自動化ツールのデモがございます。

是非ご確認下さい。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page