top of page
  • 執筆者の写真Daisuke Wakui

フレームワークが嫌われる理由

更新日:1月9日

ビジネスの世界では、問題解決や戦略策定にフレームワークが広く用いられています。しかし、「フレームワークは使えない」という声も少なくありません。なぜフレームワークはそのような評価を受けてしまうのでしょうか。その理由を考察し、適切なフレームワークの使い方を探ってみましょう。

【フレームワークへの誤解】

多くの場合、フレームワークへの不満は、フレームワーク自体の不備ではなく、フレームワークの使い方に対する誤解から生じています。フレームワークは万能のツールではありません。その機能と限界を理解せずに用いることは、しばしば失敗を招きます。

【フレームワークの本質的な問題点】

問題はフレームワークが提供する解決策が適切な論点に基づいていないことが多い点にあります。フレームワークが提供するのは一般的な解決の枠組みであり、それを特定の論点に合わせてカスタマイズする努力がしばしば欠けているのです。

【コンサルタントの落とし穴】

フレームワークを提案するコンサルタントでさえ、時にフレームワークの真の使い方を理解していないケースがあります。彼らがクライアントに対して提案するフレームワークは、しばしばそのビジネスの論点に合致していない「既製の服」のようなものであり、それが結果として「使えない」というレッテルを貼られる原因になっています。

【フレームワークを活用する正しい進め方】

フレームワークを活用する際の正しい進め方は以下の通りです。

  1. 解くべき論点の明確化: 最初に、何を解決すべきか、どの論点が重要かを明らかにします。これがないと、適切なフレームワークを選ぶことはできません。

  2. 適切なフレームワークの選定: 明確にした論点を解くために、最も適したフレームワークを探し出します。全ての問題に対して同じフレームワークが使えるわけではありません。また、論点に対してフレームワークのカスタマイズが必要となる時があります。

  3. フレームワークと論点の照らし合わせと示唆出し: 選んだフレームワークと論点を照らし合わせ、論点に対して適切な示唆を出します。

「まずは論点から考える」— この原則を頭に置くことが、フレームワークを有効に活用するための出発点です。フレームワークはあくまでツールであり、それを使いこなす知恵と技術が問題解決への鍵となります。

フレームワークの使い方を根本から見直し、それを適切に適用することが不可欠です。このアプローチを通じて、より効果的な戦略策定と問題解決を実現することができるでしょう。


【最後に】

サービスにご興味を持たれた方はコチラをクリックして下さい。

閲覧数:19回0件のコメント

Comentários


bottom of page